岡本事務所News007

埼玉県 戸田市 戸田公園 経営顧問 社労士行政書士事務所 (社会保険労務士業務、経営コンサルタント業務)

埼玉県 戸田市 埼京線 戸田公園駅 駅近 社労士行政書士事務所 経営顧問

HOME > 岡本事務所News007

JR与野本町駅(快速停車)東口より徒歩5分と便利です
ヒトと経営に精通し顧客に頼りにされる社会保険労務士行政書士事務所
所長著書「これだから海外は面白い!!」、「これだからワインは素晴らしい!!」、「これだから電子書籍は凄い!!」
連続してベストセラー快走中!!

岡本事務所News007号    2012-5-20


1.続『海外よもやま話』 (岡本所長の実体験より)

カイロ編(前号よりの続き)
3)カイロのうっ憤晴らし?

 アラブ世界の宗教上の規律の厳しい国に長く滞在すると、疲労とともにうっ憤が次第に溜まってくる。それを如何にして解消するか、カイロ滞在中に他の2人の日本人と話し合った。その結論は少しばかり(それとも相当?)変わっているが、
    ・日本人3人で、路上で現地人の流しタクシーを先ず
     つかまえる。
    ・次に、適当な行先を告げて発車するや、その運ちゃん
     が日本語を全く理解できないことを念のため確認する。
    ・確認次第、走行中のタクシーの中で、3人てんでに、
     思いつく限りの罵詈雑言を、日本語で運ちゃんにぶち
     まけ、憂さ晴らしをする。
    ・ただし、運ちゃんが振り向いた際には、満面笑みの顔
     で言い続ける。 
というもの。

 よしすぐに実行しよう、ということになり、そのまま往来に出て、流しの現地タクシーをつかまえて乗った。動き出してから、運ちゃんに「まっすぐ行ってくれ」と言っても全く通じていないのを確かめるや否や、3人てんでに声を張り上げ、「オイッ、コラッ、運転手!、アホッ、クソッタレ、ドアホッ、お前なんかくたばってしまえー、バーカ、---」などと、延々とわめき始めた。そしたら、くだんの運ちゃんが何事かと運転席から振り向いた。さあ、この瞬間が肝心ーーーー。     

 運ちゃんがこちらに顔を振り向けた瞬間に、これ以上ない満面の笑顔でもって会釈を返す。3人とも同じように笑顔を返すものだから、運ちゃんは自分のことを3人が大声で褒めてくれていると、大いなる勘違いをしてくれ、楽しそうに運転に専念することとなる。

 こちら3人はといえば、頭に浮かぶ限りの、普段はとても言えない罵詈雑言を思い存分絞り出すので、積もっていた鬱憤が嘘のように消えていく。
車の中はみんなハッピー???

4)カイロからの帰路途中の空港での出来事

 昭和56年にカイロに出張した帰り、途中の中東某国(当該国の名誉のために名を伏せる)で数日滞在後、同国C空港 より出発しようとした日のこと。空港に着いて航空会社カウンターでチェックインし、指定座席が印字された搭乗券を受け取って、出発ゲート前の待合室にて同行のN氏と共に座って待つことにした。

 暫くして、同じ飛行機の搭乗券を持って後からやってきた乗客(主に中東人)が待合室で座らずにゲート前にどんどん列を作り始めた。

 まだ搭乗開始時刻の1時間も前だし、おまけに皆、座席が指定された搭乗券を持っているのに変だなー、と思って見ているとその後もぞくぞくと列が伸びていく。

 さすがに、こりゃ何かあるな、と感じて(中東・アフリカでのビジネスではこの種の感覚が結構大事)我々2人も列に並んだ。搭乗時間直前になると、列があまりにも長くなったので、まさかと思いつつも人数を数えてみたら、乗る飛行機の収容定員よりも明らかに多い。

 ハハアー、オーバーブッキングか。

 アメリカ等では、こういう際には、急ぎでない乗客を特典付きで別便に振り替えるアナウンスをする筈だが、などと見ていたが、このC空港では、定員よりも相当オーバーした乗客に対し、航空会社側から何の動きもないままに搭乗開始のアナウンスが流れた。

 さぁー大変。折角出来ていた列がたちまち崩れて、群衆が扇状になって我先にと狭いゲート入口に殺到した。(まるで日本の大阪の地下鉄ホームで、朝のラッシュアワー時に電車に乗り込む際の乗客みたい)こうなると、一刻も早く機内に乗り込んで指定座席に座るに限る。押し合いへしあいの中、我々2人も何とか座り込んだが、案の定あちこちの席で後から来た客との間で押し問答が生じて乗務員を呼んでいる。乗務員は一体どう捌くのだろうか。    <次号に続く>


2.労働・雇用・賃金関係

 1)全国の景況判断
   4月18日
   経産省は、2012年1~3月期の地域経済産業調査結果を公表
   した。全国の景況判断について、「地域の景況は、一部の地域で
   足踏み状態にあるものの、引き続き持ち直しの動きがみられる」
   とし、前回から上方修正した。

 2)大学生「雰囲気」、主婦「やりがい」を重視
   4月17日
   インテリジェンスが運営する。求人情報サービス「an」が発表
   したアルバイト・パートでの仕事探しに関する意識調査結果
   によると、仕事探しで重視する点のトップは、大学生は「店長
   や社員の雰囲気」、主婦は「やりがい」となっている。

 3)母性保護のための「女性労働基準規則」改正
   4月10日
   厚労省は母性保護のために、生殖機能などに有害な化学
   物質が発散する場所での女性労働者の就業を禁止する
   「女性労働基準規則」の一部を改正する省令を公布した。
   施行日は2012年10月1日

 4)「今の会社に一生勤める」過去最高6割
   4月23日
   日本生産性本部は、「2012年新入社員 春の意識調査」結果
   を発表した。同本部が今春に実施した教育プログラム等に
   参加した企業の新入社員を対象に実施したもので、「今の
   会社に一生勤めようと思っている」とする回答が60.1%となり
   過去最高となった。

 5)勤労者世帯の実収入、実質4.3%増
   4月27日
   総務省が公表した家計調査報告によると、3月の2人以上
   世帯の消費支出は1世帯あたり前年同月比実質3.4%増の
   30万3,841円だった。
   このうち、勤労者世帯の消費支出は32万9,671円、実収入
   は44万1,015円でいずれも実質4.3%増加となった。

 6)中小企業の賃上げ、3,855円、1.52%
   5月7日
   経団連は、2012年春季労使交渉の中小企業業種別回答
   一覧(第一回集計)を発表した。調査対象である従業員
   500人未満の741社のうち回答がしめされたのは139社。
   このうち平均額が不明の2社を除く137社の賃上げ妥結
   水準は、加重平均で3,855円、1.52%増だった。



3.年金・社会保障・経済全般他

 1) 12年度予算が成立、一般会計総額90兆3,339億円
   4月11日
   2012年度予算が政府案通り成立した。
   一般会計は総額90兆3,339億円。この中に、新成長戦略
   や雇用創出などの取組に重点配分する「日本再生重点
   化措置」などを盛り込んでいる。「東日本大震災関係経費」
   としては3兆2,500億円を特別会計として計上している。

 2) 経済成長の実現、1,000万人規模の就業者数増必要
   4月23日
   経産省の産業構造審議会新産業構造部会は、第6回会合
   を開き、「経済社会ビジョン やせ我慢から価値創造の
   経済社会へ」(仮称)題する報告書案をまとめた。2020年
   までの日本経済の将来予測を、「空洞ケース」と「成長
   ケース」の2通りで推計し、「成長ケース」の実現のためには
   、医療介護や子育て、新エネルギーなどの新産業に約
   1,000万人規模の就業者数の増加が必要と分析している。

 3)4月の業況DIマイナス16.8に大幅改善
   4月27日
   日本商工会議所は、4月の「商工会議所LOBO(早期景気
   観測)調査結果」を発表した。業況DI(全産業合計)は
   マイナス16.8と、前月比7.1ポイントと2か月連続で大幅に
   改善した。復興需要の波及効果が及び始めたことに加え、
   自動車の輸出増加に伴う製造業の改善などが要因。


岡本 経営顧問&社会保険労務士行政書士事務所

 TEL 03-6657-9405
 FAX 03-6657-9406

c25_logo_3.gif