岡本事務所News010

埼玉県 戸田市 戸田公園 経営顧問 社労士行政書士事務所 (社会保険労務士業務、経営コンサルタント業務)

埼玉県 戸田市 埼京線 戸田公園駅 駅近 社労士行政書士事務所 経営顧問

HOME > 岡本事務所News010

JR与野本町駅(快速停車)東口より徒歩5分と便利です
ヒトと経営に精通し顧客に頼りにされる社会保険労務士行政書士事務所
所長著書「これだから海外は面白い!!」、「これだからワインは素晴らしい!!」、「これだから電子書籍は凄い!!」
連続してベストセラー快走中!!

岡本事務所News010号    2012-8-20

1.続『海外よもやま話』 (岡本所長の実体験より)

カイロ編 (前号からの続き)
 
6)電話が通じない

 ビジネスの話に絡んでもう一つ。
 昭和50年代当時のカイロは電話事情も悪く(もちろん携帯なんぞはなく、固定電話のみ)、カイロ市外へは全く繋がらなかった。(当然ながらパソコンなども存在せず、インターネットなどなし)

 ある時、カイロ滞在中に、地中海に面したアレキサンドリアのお客に急遽面談の必要が生じた。アポを取ろうにも電話が通じず、いきなり会いにいっても本人には会えないことは分かっていたが、駐在員の勧めもあり、「アポ取り」だけの為に片道数百キロの砂漠の中の凸凹道路を車で往復することになった。(今考えると、いかにも馬鹿げた話)

 現地店の車で現地人P君が運転してくれたのだが、走り出してすぐに、P君がスピード狂だということが分かった。何せ、大砂漠の中の真っ直ぐ伸びる一本道を、凹凸に関係なしに百何十キロかのメーター一杯のスピードで飛ばすわ、飛ばすわ。

 偶に、対向車とすれ違う時なぞは、物凄い速度同士で触れあんばかりになるので、あまりの恐怖心で、後方座席で大方目を閉じていた。

 お蔭で3時間程でアレキサンドリアに着き、目指すお客の部下に何とか会って、翌々日にお客本人と会うアポを取り付けることが出来、帰りはまた眼をしっかり閉じて恐怖に耐え、夜にはカイロに帰り着いた。

 二日後には同じ行程を懲りずに繰り返したのだから、何といっても体力・気力がないと、とてもじゃないがアラブ世界の仕事はつとまらない。

リオデジャネイロ編

1)リオでの早朝ゴルフ

 ブラジルのサンパウロやリオデジャネイロにも3度ほど滞在しているが、ある年、丁度リオのカーニバルが始まる(年によって開始日が違うが大体2月から3月初めの間で始まる) 直前の1月下旬から2月にかけリオに出張したときのこと。週末に早朝ゴルフをすることになった。

 何せ、丁度その季節は日本と正反対で真夏にあたり、ゴルフは昼前までに終わらないと、猛烈な暑さとなって耐えきれない。

 それで朝早くスタートしたのだが、それでもその日は早朝から気温が上がり、ティーショットをしようとドライバーを 構えた途端、汗がメガネにだらだら垂れ落ちてきて、打つ ボールが二重三重に見えるという、大変な一日となった。

 お蔭で、スコアの方は、その昔、清原と桑田という超高校級の2人を擁したPL学園が、夏の甲子園一回戦で相手の某県(可哀そうなので県名は言わない)代表チームから毎回奪っていったスコアをも上回る、散々なスコアを重ねることになった。
   
*閑話休題:「ボールが二重三重に見える」と書いた瞬間思い出した話
 仙台に3年ほど仕事で赴任していた時の話題。
 仙台に本社を置く企業の中で図抜けて巨大なT社とのおつきあいの一環で、私も個人メンバーとなっていたGゴルフ場で年2-3回、懇親のゴルフ会があった。    
 そのGゴルフ場は人気があって、いつも満員御礼で猛烈に混んでおり、前半ハーフが終わっても、後半の10番ホールに立てるまで、大体2時間は待たされるという状況であった。
 それで、個人メンバーばかりの集まりであった我が会の面々は、毎回のお昼用にウィスキーや焼酎のキーボトルをクラブハウスに置いており、中には一升瓶のキーボトルという猛者もいた。
 ある時、偶々私の前半のスコアが素晴らしく、意気揚々とクラブハウス2階のレストランで席につくや否や、私のスコアを聞きつけたメンバー達が、各自のキーボトルを持って、他のテーブルから駆けつけ、
「さー前祝だ。遠慮なく俺のボトルを飲んでくれ。」
「俺の一升瓶で乾杯だ。」「焼酎もどうぞ、どうぞ。」
てな具合で昼が始まった。
 おかげで、2時間が過ぎ、10番ホールに歩いて行った時には、もうすっかり出来上がっていて、オナーとしてティーショットしようとドライバーを構えたところ、ボールが何と二重に見える。
 某同伴者(そう言えば私よりも出来上がっていた御仁)に「ボールが二重に見えるよ」とつぶやいたところ、その御仁曰く、「岡本さんはまだ飲み方が足らない。私くらいにもっと飲んでおけば、二重でなく、三重に見えるようになる。そうすりゃ簡単さ。三重に見えるど真ん中を打てばいいんだ。アッハッハ。」--???
 いやはや、何でも上には上があるということか。(その10番ホールで私のショットおよびその御仁のショットがどうなったか知りたい方には、弊事務所にお越しの 節にでもお話しします)
     
話しをリオに戻す。
    
 途中、よたよたしながら辿り着いたのが、ティーグラウンドのすぐ前に池のあるホールで、その池の中で2-3人の小学生くらいの子が立ってこちらを見ている。

 同行の現地駐在員曰く、『彼らは、ティーショットに失敗して池に落ちるゴルフボールを狙っている子たちで、上手なプレーヤーだとみると顏を出しているが、下手くそなプレーヤーだと判断すると、危ないので水中に顔を引込め、ボールが飛び込んだら、音で察して拾う。上手か下手かは、プレーヤーが構えた瞬間に判別するらしい。』ーーー???

 わが組のオナーは上手な駐在員だったが、なるほど、当人がティーショットを打ったとき、子達は水面から顏を出していた。

 そして4番手、つまり最後がヨタヨタしていた私の番。構えた途端、その子達が水中に一斉にもぐるのが左目の端分かった。

 『くそっ! あの餓鬼たちめ!』と余計に力が入って、ショットは完全にダフり、打球はものの見事に池に一直線。チキショー、チクショー。

 その日は更におまけがあって、後半のあるホールまで息絶え絶えになって辿り着いたとき、先程の子達が現れ、『おじさん、ボールを買わないか。安くしとくよ。』という。

 こちらは、それまでに相当数のボールを失くしていたので、安いなら買うかと思って、よく見ると、子達の手にあるボールに、何と私のマークが入っているーーー。さっき池に打ち込んだボールじゃないか。くそっ、くそっ、くそーー。2度とリオでゴルフなんかやるもんか。
                
<次号に続く>

2.労働・雇用・賃金関係

 1)来春高卒予定者の求人数、前年同期比42.0増
   7月13日
   厚生労働省は、2013年3月高校卒業予定者の求人状況を
   公表した。
   6月20~26日のハローワークへの求人受理人数は5万
   7,421人分で前年同期比で42.0%増加した。

 2)育児休業制度等の実態調査結果をHPに掲載
   7月13日
   厚生労働省は、育児休業制度等に関する実態などを企業、
   労働者に尋ねたアンケート調査の結果をホームページに
   掲載した。改正育児・介護休業法に対応した制度変更に
   ついて、正社員数101人以上の企業では「法定どおりに
   充実を図った」の割合が高く、「育児休業制度」73.7%、
   「短時間勤務制度」67.6%、「所定外労働の免除」70.9%、
   とそれぞれ7~8割程度を占めている。

 3)団交開催の時間・場所の限定は不当労働行為/中労委
   7月17日
   2つの労組の団体交渉の申し入れに対し、大学が開催時間
   と場所を限定した事件について、中央労働委員会は、時間
   を昼休み時間に限定したことは、実質的な交渉を確保する
   点で時間の長さに問題があるうえに、休憩時間の付与を
   義務付ける労働基準法の趣旨からも合理性がなく、また、
   場所を本部機構のある地区に限定したことは、他地域を
   活動の拠点とする一方の組合の実質的な交渉を妨げる、と
   して不当労働行為と認定した。

 4)最低賃金、11都道府県で生活保護水準下回る
   7月20日
   厚生労働省・中央最低賃金審議会目安に関する小委員会は、
   第3回会合を開き、2012年度地域別最低賃金額改定の目安
   について議論した。 都道府県ごとの最低賃金と生活保護水
   準との乖離額変動の要因を分析した資料が提出された。
   北海道、東京など11都道府県で、最低賃金が生活保護水準
   を下回っている。

 5)今春入社の大卒初任給、20万3,362円
   7月25日
   産労総合研究所が発表した「決定初任給調査」結果によると、
   今春入社の大学卒の初任給は前年比0.18%増の20万3,362円、
   高校卒は同0.03%増の16万2,983円だった。初任給を据え置い
   た企業は85.2%、引き上げた企業は11.3%で、4年連続でほぼ
   同様の傾向となっている。

 6)6月の求人広告掲載件数、前年同月比21.7%増
   8月1日
   全国求人情報協会は、会員各社の6月の求人広告掲載件数の
   集計結果を発表した。求人メディア全体の掲載件数は54万
   5,927件(前年同月比21.7%増)。内訳を見ると、有料求人情報
   誌5万7,843件(同25.4%増)、フリーペーパー20万6,785件
   (同35.7%増)、折込求人紙8万2,478件(同28.3%増)、求人
   サイト19万8,821件(同7.1%増)だった。

 7)パワハラで自殺と労災認定/福井市の19歳男性
   8月2日
   福井市の消火器販売会社で働いていた男性(19)が2010年
   12月に自殺したのは上司からのパワハラが原因として、福井
   労働基準監督署が労災認定していたことが分かった。
   福井市で記者会見した遺族の代理人は「未成年の自殺者が
   労災認定を受けるのは異例」としている。(共同通信)
 
 8)採用人数を「増加した」企業が増加/経団連
   8月3日
   経団連は、今春入社の新卒採用に関するアンケート調査結果
   を発表した。採用を実施した企業の割合は前年比0.6ポイント
   低下の94.8%と若干減少したものの、採用人数を「増加した」
   企業は46.6%で前年とくらべ8.5ポイント増加した。


3.年金・社会保障・経済全般他

 1)公的年金加入者1人当たり平均年収297万円
   7月13日
   厚生労働省は、「公的年金加入者等の所得に関する実態調査」
   の結果を公表した。公的年金加入者の1人当たり平均年収は
   297万円で、加入種別では、第1号被保険者159万円、第2号
   被保険者等426万円、第3号被保険者55万円となっている。
   男女別では、男性419万円、女性166万円となっている。

 2)景況判断、全国的には上方修正/4~6月期地域経済産業調査
   7月13日
   経済産業省は、2012年4~6月期の地域経済産業調査結果を
   公表した。景況判断は、前回と比べて4地域を上方修正、残り
   6地域を変化なしとし、全国の景況判断について「地域の景況
   は、持ち直しの動きがみられる」とし、前回から上方修正した。

 3)国民の生活行動について調査結果公表/総務省
   7月17日
   総務省は、2011年「社会生活基本調査」の生活行動に関する
   結果を公表した。1年間に「学習・自己啓発・訓練」を行った人の
   行動者率は5年前と同じ35.2%で、種類別では「英語」「パソコン
   などの情報処理」、「英語以外の外国語」が5年前に比べて僅か
   に上昇している。

 4)「国の中小企業対策に関する重点要望」を決議/東商
   7月17日
   東京商工会議所は常議員会で、「国の中小企業対策に関する
   重点要望」を決議した。中小企業の活力強化を成長戦略の柱に
   位置づけるべきだとし、各種の支援策を求めている。

 5) 「東北アピール2012」を採択/経済同友会の夏季セミナー
   7月18日
   経済同友会は、岩手県盛岡市で夏季セミナーを開催し、東北
   アピール2012「復興と成長への決断と実行」を採択した。
   復旧の加速」と復興の実現に向けた速やかな取り組みと、
   成長戦略・歳出削減・歳入増の三位一体改革の実現を求め
   ている。

 6)世界大企業ランキング数、日中逆転
   7月30日
   富士通総研は、米『フォーチュン』誌の「世界大企業ランキング」
   を分析・説明したレポートを発表した。ランクインした500企業
   のうち、日本企業の数は68社で、中国の69社を下回り、初めて
   日中逆転した。日本は1995年の149社をピークに減少の一途を
   たどっている。

 7)平均寿命、男性79.44歳、女性85.90歳
   7月30日
   厚生労働省が公表した2011年簡易生命表によると、日本人の
   平均寿命(ゼロ歳の平均余命)は男性79.44歳、女性85.90歳で、
   前年と比較して男性0.11歳、女性は0.40歳下回った。

 8)基調判断を上方修正/全国財務局の経済情勢報告
   8月1日
   財務省は、全国財務局の管内経済情勢報告を公表した。
   2012年4月から6月の地域経済の概況について「全体として
   緩やかに持ち直している」と総括、基調判断を上方修正した。 

岡本 経営顧問&社会保険労務士行政書士事務所

 TEL 03-6657-9405
 FAX 03-6657-9406

c25_logo_3.gif